So-net無料ブログ作成

開発環境 [mini2440]

開発環境を整え始めます。
日昇webではfedora 9が推奨されています。
最新版は11だったり、巷ではubuntuが流行ったりしていて浮気心をくすぐりますが、過去の経験上つまらない所を変えてハマッた事が多いので、素直にfedora9でいくことにします。
素のマシンを用意してfedora DVD よりブートし、インストールを進めます。途中でオプション選択の所で開発系の選択項目(ソフトウェア開発)にチェックしておきます。
インストール終了後、日昇webから arm-linux-gcc-4.3.2.tgz を落としてきて、マニュアル通りに

# tar xvzf arm-linux-gcc-4.3.2.tgz -C /

またパスの追加もしておきます。
「export PATH=$PATH:/usr/local/arm/3.4.1/bin」を.bashrcに追加。

これでクロス開発環境が整いました、が・・・・、専用機を用意するとなかなか大変なので、windows機にVirtualBoxを使って仮想環境上でfedoraを使うようにするつもりです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。